肺活量と身体の不調の関係

20160714_211703

あなたは呼吸が浅いと

感じた事はありませんか?

私達の肺は酸素を取り込み

二酸化炭素を排出します

そして、

肺は自分の力で膨らんだり縮んだり出来ません

主に、

横隔膜と肋間筋が拡張と収縮を繰返し

呼吸をしているのです

・・・・・

私達は歳と共に肺活量が衰えてきます

では、

衰えるとどうなるのか?

血液中の酸素濃度が低下して

ふらつき

めまい

耳鳴り

思考力の低下

疲労感の増大

肋間神経痛

息切れ

姿勢が悪くなる

etc・・・・

良いことはありません

それでは、

改善する事が出来るのか?

出来ます!

横隔膜と肋間筋と硬くなった呼吸筋を緩めます

その次に

呼吸法エクササイズをやります

腹式呼吸ではなく

胸式呼吸です

(実際は両者の複合である)

呼吸筋と胸式呼吸エクササイズは

自律神経失調症にも効果があります

呼吸が浅いと感じたら

あから院に電話して下さい

『呼吸が浅いので改善したいです。』と。

からだ工房 あから

〒 421-0415

静岡県牧之原市道場41-3

Tel : 0548-22-2232

営業時間 : 10時~19時

定休日 : 日曜日・祝日

関連記事

今月のインフォメーション

DSC_3572

10月11月の無料健康講座のお知らせ

今回は、リクエストのあった、 「初心者の為の体幹トレーニング」を、 平日・祝日・日曜日に開催致します。 小学生からご高齢の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る