痛みを知る

休日に、右坐骨を強打するというアクシデントが・・・・

4日過ぎても激痛で、シビレまででるので気持も落ちそうになりました。

昨日レントゲンで診てもらい、特に異常はナシ。

痛み止めの飲み薬だけ頂き、何となく気持ちが軽くなりサロンへ。

サロンの患者さんも、こんな不安を持って予約をしてくれているのですね。

昨年年末から、あから院長である夫の体にもアクシデントが続き、

今までよりも患者さんの痛みがわかるようになったそうです。

50代のオジサンの体の不安がわかる院長と、

40代のオバサンの気持ちがわかる私。

40代半ばになると女性はプチ更年期が始まり、

子供の思春期と進路、親の老いと介護、夫の心と体のケア、近所付き合い・・・・

次から次へと、簡単に解決出来ない悩みが増えていきます。

その分、免疫力や忍耐力がつき、逞しく優しく強かになっていきます。

 

あからでは、薬に頼らないリスクの無い方法を導いています。

IMG_20150611_122118472ザ男の昼食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

今月のインフォメーション

2018年10月11月限定メニュー◇温浴&足裏アーチ

「足の裏が痛い!」 こんな経験ありませんか? その原因は足の指の筋力の低下、 足裏アーチの崩れが考えられます。 アーチが欠如すると、…

おすすめ記事

ロミロミ予約カレンダー

2018年10月
 
1
×
2
×
3
×
4
×
5
×
6
×
7
×
8
×
9
×
10
×
11
×
12
×
13
×
14
×
15
×
16
×
17
×
18
×
19
×
20
×
21
×
22
×
23
×
24
×
25
26
27
28
×
29
30
31
     
2018年9月

ページ上部へ戻る